毛穴ケア対策・ムダ毛処理ガイド > 除毛 > 自分で毛を抜く

自分で毛を抜く

自分で毛を抜くときに使うのは、たいてい下記の4種類のいずれかではないでしょうか。
毛を抜くときには、それぞれの方法の長所と短所を理解したうえで行いましょう。

毛抜き
毛抜きを使って、毛を1本ずつ抜いていきます。
手間がかかり、しかも、トラブルがわりと多いようです。
わきの毛を毛抜きで抜く人は多いようですが、ずっと毛抜きで抜いていると、皮膚が硬くなり、埋没毛(毛穴がふさがって次の毛が出て来れずに化膿してしまう)やシミなどもよくあるようです。

テープ
テープを皮膚に貼り付け、はがすと同時に毛を抜きます。
一度にたくさんの毛を抜くことができますが、トラブルが多いのが欠点です。
はがすときに角質まで一緒にはがしてしまうので、皮膚の表面を傷めてしまいます。
手軽ではあるのですが、肌の弱い人はやめておいたほうが良いと思います。

ワックス
温めたワックス(ロウ)を皮膚にのばして、冷えて固まったら、毛と一緒にワックスをはぎとり、毛を抜きます。
毛抜きやテープで抜くよりも、肌への負担は少なくなるようです。
ワックスは密閉性が高いため、肌があたたまってやわらかくなり、肌への負担が少なくなるようです。
ただし、多少は肌への負担が少なめだとはいえ、毛を抜くことは肌に負担をかける行いです。
トラブルになることもないとは言い切れません。
ワックスの場合、一度に広い範囲の毛を抜くので、もしシミなどのトラブルが起きた場合には、その被害も広い範囲に起きてしまいます。
また、足で大丈夫だったから、背中も大丈夫かというと、それはやってみなければわかりません。
ワックス脱毛の場合には、技術の上下もほとんど関係がないものなので、シミなどのトラブルが起きるかどうかは、体質や体調によります。

家庭用脱毛機
電気式の脱毛機で、皮膚を温めたり、まわりの皮膚を押さえたりしながら抜いていきます。
毛抜きで抜くよりは、肌への負担は少ないようです。
ただ、毛を抜くことはやはり肌を痛めることなので、トラブルが起こらないように慎重に行いましょう。
それと、勘違いしている人もいるようなのですが、家庭用脱毛機で永久脱毛はできません。
レーザー光を発すると書いてあったとしても、レーザーというのは医療機関でしか扱えないものなので、家庭用に販売されることはありません。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  毛穴ケア対策・ムダ毛処理ガイド〜除毛・黒ずみ・鼻・開き・汚れ対策〜  ↑上へ戻る