毛穴ケア対策・ムダ毛処理ガイド > 除毛 > 永久脱毛について

永久脱毛について

きちんとした永久脱毛を受けると、毛はもう生えてこなくなります。
自分で処理しなくてよくなるので、カミソリ負け、毛嚢炎(体にできるニキビのようなもの)などの、毛を処理するときのトラブルも起こらずにすむようになります。
除毛でシミがたくさんできてしまうような人は、永久脱毛を選択肢に入れても良いかもしれません。
永久脱毛には、電気脱毛レーザー脱毛の2種類があります。

レーザー脱毛
レーザー脱毛は、レーザーの光で、毛が生まれてくる孟母細胞を焼く脱毛法です。
痛みが少ないのが特徴のようです。
ただ、日本人に行う場合には、強くかければ火傷をするし、弱くかければ毛が減らない、という問題もあるようです。
ですので、残念ながら、完全に永久脱毛ができるというレベルまで技術は進んでいないようです。
「早い、安い」を売りに価格競争が激しくなっているのが現状で、安さを追いすぎた結果、トラブルもいくつかでてきているようです。
安さを追うばかりに、熟練していない施術者が行い、それがもとでシミになって残った人もいるようです。
医師に自分の皮膚を観察してもらいながら、脱毛プランを立ててから行うのが理想的のようです。

電気脱毛
電気脱毛は、毛穴に1本1本針を刺し込んで、毛根に電気を流し込んで毛包を壊す脱毛法です。
痛みも強めで、時間がかかります。
毛をある程度伸ばしてないといけないのもデメリットの一つです。
ただし、1本残らずなくすことができ、確実性も高く、肌質も選ばないというのが良いところです。
わきやビキニラインなど、1本残らず脱毛したい場合には、電気脱毛が良いと思います。
医療用の電気脱毛機ならば、痛みも少なめで確実性も高いようですが、エステティックサロンにある電気脱毛機は、痛みが強いようです。
また、施術者の技術が未熟だと、火傷やシミなどのトラブルも起こることがあるようです。
エステティックサロンではなく、確かな技量をもった施術者がいるクリニックで、医師に自分の肌質を観察してもらい、脱毛プランを立ててもらってから行うのが理想的のようです。

レーザー脱毛と電気脱毛。
どちらを受ける場合でも、はじめはせまい面積からはじめるようにしましょう。
高額の契約は、はじめからしないことです。
それと、腕などの普段から露出しているような部分は、万一トラブルになったときのことを考えて、やめておいたほうが良いと思います。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  毛穴ケア対策・ムダ毛処理ガイド〜除毛・黒ずみ・鼻・開き・汚れ対策〜  ↑上へ戻る